読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マンガLOG収蔵庫・別館

本館のバックアップとして使用しています。

BL出身で一般向を描いているマンガ家

マンガ

GW期間中はコミティア文学フリマを満喫できたりもしましたが、基本的には仕事で忙しい日々を送っています。(コミティアの戦利品とかの報告は、まぁ時間に余裕があれば別の機会にでも。)
そんな訳でまともに更新できない日々が続いている訳ですが、久し振りに更新をしておこうかと。


今月初めに、以下の記事を拝読しました。


ここ何年かの動きとして、成年向を描いている・描いていたマンガ家さんが一般向でも連載を始めるケースが増えている感を強いです。*1ジャンルを越境する、とでも言いますか。
じゃあ自分は、成年向ではなくBLで書いてみよう!と思い立ちました。最近は成年向のみならず、BLにおいても同じ傾向が顕著に現れているという印象を強く感じましたので。
まぁ、早い話が便乗企画です。(´ω`)
2年ほど前に覚書程度の記事を書いたことがあるのですが、それを少々詳しく書いた内容とも言えます。


それでは早速スタート。



スピカ 〜羽海野チカ初期短編集〜 (花とゆめCOMICSスペシャル)

スピカ 〜羽海野チカ初期短編集〜 (花とゆめCOMICSスペシャル)


3月のライオン (1) (ジェッツコミックス)

3月のライオン (1) (ジェッツコミックス)


若干語弊があるかもしれませんが。
ハチミツとクローバー』や、現在最も「強さ」を感じる作品『3月のライオン』の作者として知られる羽海野チカさんですが、確かデビュー前は『SLAM DUNK』の同人誌とかを描かれていた筈。そして単行本『スピカ』に収録されている(恐らく)商業デビュー作『冬のキリン』は、BLの出版社として知られるマガジン・マガジン(現ジュネット)の雑誌「小説JUNE」に掲載されました。
まぁ実際のところ『冬のキリン』にBLの要素は皆無と言っていいのですが、僅かに遅れてビブロス(現リブレ出版)の雑誌「JUNK! BOY」に掲載された『夕陽キャンディー』(こちらも『スピカ』に収録)には、ほのかなBL要素が漂っています。
そしてこれらとほぼ同じ時期に、『ハチミツとクローバー』の連載が始まります。




大奥 (第1巻) (JETS COMICS (4301))

大奥 (第1巻) (JETS COMICS (4301))

よしながふみさんは有名ですね。
BLを執筆すると共に、直接的な描写は無くもBLの雰囲気を濃厚に漂わせ、且つ自らの関心が深い「食」の要素を盛り込んだ『西洋骨董洋菓子店』も連載し、『西洋〜』はドラマ化もされたことで広く一般に認知されたかと。そして男女の位置付けが完全に入れ替わるという歴史改変SF的な設定の『大奥』は、これはBL出身ならではの発想かもしれんなぁと思ったものです。
きのう何食べた?』や、自伝的内容?を含んだ『愛がなくても喰ってゆけます。』では「食」の要素をより強くして、BL的な内容が不得手な方でも読みやすくなっている気もします。*2

くいもの処明楽 (MARBLE COMICS)

くいもの処明楽 (MARBLE COMICS)


Love,Hate,Love. (Feelコミックス)

Love,Hate,Love. (Feelコミックス)


BUTTER!!!(1) (アフタヌーンKC)

BUTTER!!!(1) (アフタヌーンKC)


ヤマシタトモコさんも、よしながふみさんと似たようなルートを辿っていますね。
元々は真下トモ名義で『ONE PIECE』の同人とか描いていらっしゃったのですが、商業BLでデビューして、『くいもの処明楽』を始めとする一連の作品が高い評価を受けます。*3
そして「フィールヤング」で連載された『Love,Hate,Love.』で(恐らく)初の一般向へ。翌年には短編集『HER』とリブレ出版の一般?レーベルで出した『ドントクライ、ガール♥』がその年の「このマンガがすごい!」で1・2位独占という快挙を成し遂げていますね。因みに『Love,Hate,Love.』のヒロインはバレエの先生なのですが、現在「アフタヌーン」で連載中の、社交ダンスを題材とした学園もの『BUTTER!!!』とも相通じるものがありますね。


  • 阿仁谷ユイジ

恋愛裁判の行方 (ドラコミックス 188)

恋愛裁判の行方 (ドラコミックス 188)


DROPS(f×COMICS) (Fx COMICS)

DROPS(f×COMICS) (Fx COMICS)


テンペスト(1) (KCx ITAN)

テンペスト(1) (KCx ITAN)


阿仁谷ユイジさんも、BL出身ですね。自分がちゃんと読んだのは『恋愛裁判の行方』くらいで申し訳ないのですが、読んだ限りだと、笑いの感覚が羽海野チカさんに少し似ている気がする。そして何とも描写が艶かしい。表情が良いのですなぁ。
そして初の一般は、恐らく太田出版の「エロティクス・エフ」か何かです。『DROPS』ですね。そして「ウイングス」で連載されたSF『ダイナムーン』を経て、『テンペスト』を「ITAN」で発表します。男性が滅亡して女性のみになってしまった未来を地球を舞台に、唯一の男性として産まれた青年の運命を描く物語。『大奥』と同じく、BL出身ならではかと思わせる描写が光る作品です。

  • 雲田はるこ

野ばら (MARBLE COMICS)

野ばら (MARBLE COMICS)


昭和元禄落語心中(1) (KCx ITAN)

昭和元禄落語心中(1) (KCx ITAN)


『テンペスト』と同じく「ITAN」にて連載中、且つ昨年の「このマンガがすごい!」オンナ編2位に入った『昭和元禄落語心中』の作者・雲田はるこさんもBL出身です。初単行本は『窓辺の君』か何かですかな?その次に出した『野ばら』が、「このBLがやばい!」で上位に食い込んでいた筈。「子育て」という要素を組み込んだBL作品で、最近じわじわと増えてきているようですね。
そして『昭和元禄落語心中』が初の一般向になる筈ですが、噺家の業みたいなものを見事に描き出していて、ページをめくる手が止まらない。今、最も続きが気になる作品のひとつです。


  • えすとえむ

equus (Feelコミックス オンブルー)

equus (Feelコミックス オンブルー)


Golondrina-ゴロンドリーナ 1 (IKKI COMIX)

Golondrina-ゴロンドリーナ 1 (IKKI COMIX)


新装版 愚か者は赤を嫌う (IKKI COMIX)

新装版 愚か者は赤を嫌う (IKKI COMIX)


ケンタウロス(♂)同士の恋愛とか、異色の題材のBLを手掛けるえすとえむさん。
全体的に異国情緒と言いますか、エキゾチックな雰囲気が作中に立ち籠めていますね。昨年あたりから「フィールヤング」とかで一般向を描き始めています。『うどんの女』とかが知られていますかな?
そして「闘牛」が好きなモティーフのひとつとのことで、現在は「IKKI」にて闘牛士(になる筈)の女性を主役に据えた作品『ゴロンドリーナ』を連載中。それに併せて、同じく闘牛を題材にしたBL『愚か者は赤を嫌う』が復刊されました。


  • 岡田屋鉄蔵

タンゴの男 (mellow mellow COMICS)

タンゴの男 (mellow mellow COMICS)


千―長夜の契 (花丸コミックス・プレミアム)

千―長夜の契 (花丸コミックス・プレミアム)


ひらひら 国芳一門浮世譚

ひらひら 国芳一門浮世譚


今後、より知られてくるであろう作家・岡田屋鉄蔵さん。
ガッシリとした体付きでありながら、何とも艶のある男性を描きます(少なくとも自分の解釈では)。眼の描写や表情がそう見せるのかな、とも。
江戸〜幕末維新期あたりを舞台とした時代ものを得意としており、BLで『千』を描くと共に、太田出版のWEBコミックス「ぽこぽこ」において掲載された『ひらひら 国芳一門浮世譚』で一般向デビュー(の筈)。浮世絵師の歌川国芳門下に入った青年を主役に据えた作品です。
また、自分は岡田屋鉄蔵さんの同人誌(舞台は幕末維新期)を持っているんですが、男性描写が妖艶であるのと同時に、女性の描写には凛とした強さがあるのですな。それもまた魅力的でなのであります。


Jの総て (1) (F×COMICS)

Jの総て (1) (F×COMICS)


同級生 (EDGE COMIX)

同級生 (EDGE COMIX)


片恋の日記少女 (花とゆめCOMICS)

片恋の日記少女 (花とゆめCOMICS)


BL・一般共に名作を立て続けに出している中村明日美子さん。
なかなかに経歴が独特で、簡潔に書くのが困難ですな。(´ω`;)
昨年末のコミケで頒布された同人誌『楽園に花束を』に、中村明日美子さんのデビューから昨年末に至るまでをけっこう詳細に書かせて戴いたので、もしよろしければそちらを・・・、と宣伝してみます。


楽園は、ここにもある。「楽園に花束を Des Fleurettes pour Le Paradis」創刊!


COMIC ZIN で通販も行っていますよ。

他にも、アニメ化された『BRAVE10』の作者・霜月かいりさんとか、他には水城せとなさんや夏目イサクさん、宝井理人さんとか、あと別名義で書いている方とかもいらっしゃる訳ですが、些か長くなってきたのでこのあたりで一区切り。
似たような題材で、あと2〜3記事書いてみる予定。・・・公開時期は未定です(なるべく早めに書きます)。


では本日はこのあたりにて。


続きはこちら。

*1:1990年代あたりからもその動きはありますが、ここ数年で顕著に増えているという意味合いですね。

*2:きのう何食べた?』の主役2人はゲイカップルですが、そこまで密接にストーリーに絡んでくることはありませんし、直接的な描写はありませんしね。

*3:余談ながら、『くいもの処明楽』のご本人による同人誌がかなりのプレミア商品になっている模様です。