読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マンガLOG収蔵庫・別館

本館のバックアップとして使用しています。

『ハイスコアガール』:たった1つの単語に込められた、小春のあまりにも一途な想い

マンガ

押切蓮介さんの『ハイスコアガール』が面白い。
最新刊4巻で、物語は更なる盛り上がりを見せてきた。




まず、作品の概略に触れておく。
内容にかなり触れるので、ネタバレが苦手な方はご留意願いたい。



この作品の主役は、矢口ハルオという少年である。ハルオは勉強も運動も苦手だが、ゲームに賭ける情熱だけは並大抵のものではない。


折しも物語の始まりは1991年、日本中を熱狂の渦に巻き込んだ格闘ゲーム『ストリートファイターII』が登場した年。ハルオもまたその渦に呑み込まれた一人であり、日々ゲームセンターに通っては腕を磨いていく。
そんな中、彼はとある凄腕ゲーマーと出逢う。その人物は、『ストII』で最弱キャラの評価が固まっているザンギエフ使いでありながら、圧倒的な技量で連戦連勝を重ねていた。その人物こそが、この物語のヒロインの一人、ハルオの同級生・大野さんである。
大野さんは容姿端麗成績優秀、更には財閥令嬢。ハルオとは何から何まで異なっている。しかし彼女は、財閥を継ぐ立場として厳しく管理された生活を送っており、強いストレスを感じていた。その唯一のはけ口となるのが、趣味のゲームであった。
大野さんは殆ど喋らない。従って会話は、殆どがハルオの一方通行である。
そして大野さんは無言で暴力を振るう。殆どがハルオへの一方通行である。
しかし二人は、お互いが情熱を傾けるゲームを通じて、互いを理解し合い、気持ちを寄せ合っていく。だがその関係は長くは続かない。小学校卒業と同時に、大野さんは留学させられてしまう。
また一緒にゲームをやろうと再会を誓い合い、小学校編が終わる。


そして中学校編の開始。もう一人のヒロインの登場でもある。
彼女の名前は日高小春。ハルオのクラスメイトである。彼女はいわゆる優等生で、いつも勉強をしているような少女であった。そして同時に小春は、勉強以外に特に何もせず、無趣味な自分に虚しさも感じていた。
そんな中、ある吹雪の日、小春は駄菓子屋でハルオと一緒になる。そこで熱くゲームの魅力を語るハルオ。そして、酒屋を経営している小春の家では、MVS筐体の設置を始めていた。足繁く通っていた筐体を置いている駄菓子屋が閉店することが決まり、新しい場所を探していたハルオは、小春の家に通うようになる。そして一緒にゲームをするようになる小春。小春は、退屈だった日常に刺激を与えてくれるハルオに惹かれ始めていく。
だがハルオの心の中には、常に大野さんという存在がある。
そして大野さんの帰国。再び近付く二人の距離。
ハルオは大野さんと同じ場所に立とうとする。勉強は不得意であるにも関わらず、難関として知られる高校へ、大野さんが受験を受ける高校へ、自らも入学を目指す。何よりも情熱を傾けてきたゲームを封印してまで。
そして合格発表の日。ハルオの受験番号は、掲示板には記載されていなかった。
こうして中学編が終わりを迎える。


そして4巻から、高校編が始まる。
同じ高校へ行けなかった気後れから、ハルオは大野さんと顔を合わせづらくなり、ゲームセンターからも疎遠になっていた。家庭用ゲーム機に没頭する日々。
しかし、家出をした大野さんを探しに行き、一晩を同じ場所で過ごしたことを契機に、二人の距離はまた僅かに近付いたように見える。
その一方で、小春もまた、ハルオへの想いを募らせていた。小春はハルオや大野さんと同じ場所に立つため、独りでゲームの腕前を磨き続けていた。嘗て、ハルオが大野さんのために同じ高校へ行こうとしたのと同じように。
小春は、家庭用ゲーム機に引き蘢っていたハルオを圧倒するまでの腕前になる。そして遂に小春は、ハルオに対して大きく一歩を踏み出す。



以上が4巻までの概略となる。
ハルオ・大野さん・小春の関係が、これから大きく動き始めるのが予感される引きとなっている。とりわけ4巻で強く印象に残るのが、小春の変化である。より積極的に、より魅力的に。3巻までとはまるで異なる一面も見せ、その存在感は増すばかりだ。ハルオへの一途な想いに対しては、たとえ如何なる結末であろうとも応援をせずにはいられない。



そしてその一途さの結晶のような、たった1つの単語が存在する。



それは、4巻と同時発売された『ハイスコアガール公式ファンブック KAJIMEST』に収録されている。それは「キャラクターガイド」の小春の紹介するページ、41ページに存在する。その箇所を引用する。

トクイワザ


吸い込みブレイクスパイラル
餓狼伝説スペシャル


押切蓮介ハイスコアガール公式ファンブック KAJIMEST』41ページ。)


「吸い込みブレイクスパイラル」。
これこそが、小春の想いの結晶である。



ハイスコアガール』と同年代を体験している人であれば、この言葉の凄さを理解できるのではないか。
しかしリアルタイムで体験していないと、意味が判らない可能性が高い。
そこで、この耳慣れないであろう単語の意味を説明することで、この単語の重みを少しでも伝えてみたいと思う。


まず「吸い込み」とは何か。
これは、『ストII』のキャラクター、ザンギエフ(図らずも、大野さんの持ちキャラである)の代名詞とも言える必殺技・スクリューパイルドライバーが語源である。スクリューパイルドライバーは、全必殺技でも最強クラスの威力と、投げ技としては規格外の間合いの広さを特徴とする。試合開始時点で互いが経っている場所から、一歩踏み込むだけで間合いに入ってしまうのだ。そのため、技を掛けられると、あたかもザンギエフの許へ吸い込まれるように見えてしまう。そこから生まれた言葉と考えて差し支えない。
因みにスクリューパイルドライバーのコマンドは「レバー一回転+ⓟ」。しかしながら実際は、レバー半回転以上であれば一回転と看做されるらしく、

→↘↓↙←↖+Ⓟ


で掛けることができる。つまり立った状態からいきなりスクリューパイルドライバーが可能となっている。


では続けて、「ブレイクスパイラル」とは何か。
これは『餓狼伝説SPECIAL』で使用できるキャラクター、ダック・キングの「超必殺技」である。
超必殺技とは、格闘ゲームにおいて(恐らく)『龍虎の拳』で初登場した、残り体力僅かな状態で発動可能になる、絶大な威力を持つ隠し必殺技である。超必殺技は、ゲーム稼動直後にはコマンドが公開されていない(数ヶ月後に公開されるのが一般的だったと記憶している)。プレイヤーは、自分でそのコマンドを探し出さねばならない。
ブレイクスパイラルの動画を見付けたので、貼り付けておく。



ブレイクスパイラルも投げ技である。
やはり間合いはかなり広く、場合によっては吸い込んでいるように見えることもある。つまり小春は、ギリギリの間合いでブレイクスパイラルを掛けるのを得意としている。
そして、ブレイクスパイラルのコマンドは以下のとおりになる。

←↙↓↘→↗↓+ⒷⒸ


見てのとおり、左から右上までレバーを回し、*1更に下にレバーを入れて*2ⒷⒸボタン同時押しである。普通に考えれば、立った状態で出すことは不可能である。だいたいの場合、何かの技を意図的に空振りさせるか攻撃を当てるかして、動きが固定されているあいだにコマンドを入力し、技を掛けるのが一般的な出し方と言える。しかしこの場合、あまり吸い込んでいるような印象は受けないのだ。「トクイワザ」の項目に入れている以上、やはり立った状態で、且つギリギリの間合いで、掛けていると推測する。
そして立ったままブレイクスパイラルを掛けるのは、可能である。
単純に言ってしまえば、右上にレバーを入れてからキャラクターがジャンプするまでの僅かな時間の間に、下方向にレバーを入れてⒷⒸボタンを押せばOKである。


しかしその「僅かな時間」とは、0.05秒とかそのレベルの時間である。
10回や20回の練習で、できるものではない。実際自分は、1度もできなかった。
それ以前に、先程述べたように、超必殺技は自分の体力が僅かになって初めて発動可能となる。かなり追いつめられた状態なのである。その時点でブレイクスパイラルを(しかも立った状態で)掛けるのは非常に大きなリスクを伴うのだ。コマンド入力に失敗した場合、ジャンプ弱キック or ジャンプ強パンチを出しながら前方へ飛んでしまう可能性が高い。残り体力僅かでありながら、格好の的になる。致命的なのである。
ジャンプを恐れてしまうと、逆にしゃがみ弱キック or しゃがみ強パンチの空振りとなりやすい。↗方向にレバーを入れていない以上、ブレイクスパイラルには決してならない。
敵も突っ立っていてはくれない。殊に対戦相手が人であれば、超必殺技を喰らうことは避けようとする。相手との間合いも意識する。
一発が致命傷というプレッシャーもある。制限時間もある。
立った状態でのブレイクスパイラルは、あまりにもリスクが大きいのだ。コスト的にも釣り合わない行為である。



それでも、小春は腕を磨き続けたのだ。
動き回る敵を相手に、致命的なミスを犯す、大敗を喫するリスクを負いながら。
膨大な枚数になるであろう100円玉を投入し、努力を重ね続けたのだ。
常人であれば、やろうとも思わない技を、得意技とするほどに。
ハルオと同じ場所に立つために。


「吸い込みブレイクスパイラル」という聞き慣れない単語には、それほどの重みが込められている。
その重みを知ったうえで、改めて4巻を読み直して欲しい。
きっと、最初に読んだときとは違う印象が、浮かび上がってくる筈だ。




【追記】


予想を遥かに越える反響があり、只々感謝する次第。
自分のブログにおける、過去最大数のはてブも記録した。数多くのブクマコメントも併せて寄せられた訳だが、その中で、文中の「0.05秒とかそのレベル」という記述に関し、フレームで解説するべきでは、との指摘があった。
これは自らの知識の無さ故の記述である。ゲームセンターという現場から長く遠ざかっている人間の限界と言える。
フレームのレベルで、ブレイクスパイラルについて詳細に解析した動画があるので、それをご覧戴ければと思う。
そしてその驚異的なレベルの技術を体得した、小春に思いを馳せて戴きたい。


*1:自分が左側にいる場合。

*2:下方向であれば、左下・真下・右下どこでも可。

6月26日

購入日記

26日に購入したのは1冊のみ。



4巻と同時発売でしたが、うっかり買い忘れていたので1日遅れの購入。
いわゆるファンブックですが、各キャラクターならびに作中に登場した数々の名作・怪作ゲームの詳細な解説の他、押切蓮介さんへのインタビューも大量に収録。読み応え抜群でした。
後日、別個に何か書くかも。

6月25日

購入日記

25日に購入したのはこちら。


君に届け 19 (マーガレットコミックス)

君に届け 19 (マーガレットコミックス)


日々蝶々 4 (マーガレットコミックス)

日々蝶々 4 (マーガレットコミックス)


テルマエ・ロマエVI (ビームコミックス)

テルマエ・ロマエVI (ビームコミックス)






以上7冊。
ハイスコアガール』、良いですねぇ。ハルオとほぼ同年代ということもあり、挟み込まれる小ネタに思い当たる節があり過ぎる。そして殆ど無言ながら一途な大野、ハルオと大野の関係を察しつつも前へ進もうとする小春。どちらも応援したくなるのがまた。
そしてバーチャルボーイに異様な執着を見せる大野家のじいやも良い味を出しています。
そういえば『ハイスコアガール』と一緒に買っている『日々蝶々』のヒロイン、すいれんも極度の無口キャラですな。どちらもお薦め。

『エロエロ草紙』を買ってきた

評論本・研究本

しばらく前のことですが、こんなニュースが話題になりました。


文化庁国会図書館の協力のもと、選定された13作品のデジタルアーカイブを電子書籍化、無料配信を行う実証実験が行われました。
詳細は以下のページをご参照ください。


そしてこの実験で、最も多くのダウンロード数を記録した作品が、酒井潔『エロエロ草紙』。今から80年ほど前に作られるも、発禁処分となり世に出なかった幻の書籍です。発禁本という話題性、そして嫌でも目に付く扇情的なタイトル、興味を惹くのも至極当然、最も多くダウンロードされたというのも頷ける。
現在も、国立国会図書館デジタル化資料で閲覧は可能となっています。


さて、そんな『エロエロ草紙』ですが、このプロジェクトの影響もあるのでしょうか、つい先日復刻版が発売されています。


エロエロ草紙 【完全復刻版】

エロエロ草紙 【完全復刻版】


デジタル化資料で読めば良いではないか、という向きもあるかもしれません。
しかし実際にデジタル化資料のページで読んでみると判るかと思いますが、拡大したりするのがなかなか面倒だったりもしますね。そしてデジタル化資料はすべてモノクロであるのに対し、復刻版はカラーページ。多色刷となっています。
実際の復刻版を読んで、判ることがあるかもしれない。それ以前に、やはり可能な限り書籍のかたちで持ってみたい。そんなふうに思い、実際に買ってみました。


そしてやはり、本というかたち故に判ることってありますね。
著者の酒井潔氏の遊び心が伝わるような、造本が為されていました。



(酒井潔『エロエロ草紙』5ページ。)


冒頭箇所に掲載されているイラストです。少年、或いは青年が、ドアの隙間から中を覗き込もうとしているイラストです。何と言うか、人の行動は昔からさほど変わらぬかもしれないとか思ってみたり。



(同書6ページ。)


次のページは白紙となっています。
しかしただの白紙ではありません。よく見て戴くと判るかと思うのですが、線が入っています。実はこのページ、ミシン目で切り込みが入っています。前ページの、扉と少年が丁度収まるサイズの切り込みとなっています。更に次のページに行きますと、



(同書7ページ。)


胸がはだけた、下着姿の女性のイラスト。
つまり、そのミシン目を切り取ると、2ページ向こうの女性の姿が見えるという仕掛け。あたかも5ページ目の、少年の視線を追体験するかのような造りとなっている訳です。
なかなかに洒落た造本だと考える次第です。



内容についてはデジタル化資料で確認可能ですが、肌も露な女性のピンナップイラストの他、艶笑小話・エッセイ、男女の性愛を無闇に格調高い文体で綴った詩、等々。現在の観点からすればさほどエロを感じはしないかもしれませんが、逆に昭和初期の価値基準・締め付けの厳しさが垣間見えると言えましょう。そしてこの時代の社会風俗資料的な価値もあるのではないかと。



個人的に好きだったのは、「現代青年作法心得」と題された文章ですね。
一部引用してみます。

 さて晩餐の席についた場合は、これ亦豪健なる現代青年の作法を以て終始せねばならぬ出る皿出る皿*1は、驚く可き速力と、騷音とを以て、見事に平げて行く。そして其の間には婦人達に男性の力を示す爲に、フオークを二本の指で曲げて見せたり、皿を拳固でヤツと叩き破る可きである。食事が終つたら、テーブルクロースを引き破いて、口や手を拭ひ、次に悠然と十三文甲高の靴をテーブルの上へ投げ上げて、應接間から持つて來た葉卷を吸ふ可きである。
 續いて君は、如何に現代の青年が社交的談話術を巧妙に驅使するかを知らしむる爲に、賭博の話、淫賣の話等を最も尖端的な露骨さを以て婦人達に話し聞さねばならぬ。


(同書10〜11ページ。)


一読して思い浮かべたるは蛮族
ヒャッハー という勝鬨が周囲に響き渡りそうな勢いです。
この現代青年とやらはモヒカンで肩には棘付き肩パッドを装着しているのではないかと推測する訳ですが、これが現代青年の心得とあれば俺はそれに従い、マッドマックス的な世界に身を投じるに吝かではない・・・とか考えていると最後の文章で足を掬われるので要注意です。


と、読物としてもなかなかに面白いです。
復刻版なので少々値は張りますが、ご興味のある方は買って損はないのではないかと。
といったところで、ひとまずはこのあたりで。

*1:2つ目の「出る皿」は原文では略字の記号が用いられています。

6月24日

購入日記

24日に購入したのはこちら。


エロエロ草紙 【完全復刻版】

エロエロ草紙 【完全復刻版】


超ファミコン

超ファミコン


以上2冊。
『エロエロ草紙』については別個に書いているのでそちらをご参照戴ければと。
『超ファミコン』は、ほぼリアルタイムでファミコンと接して来た身としては非常に懐かしく、それでいて新しい内容でした。膨大な数のレビューのみならず、渡辺浩弐氏の口から語られる、1986年の『GAME KING 高橋名人 VS 毛利名人 激突!大決戦』の真実とか、ファミコン時代から遡って飯野賢治氏の再評価を行う記事とか、非常に読み応えのある内容でした。

6月22日

購入日記

22日に購入したのはこちら。








以上6冊。
高杉さん家のおべんとう』、やはり面白い。
久留里や小坂さんの可愛らしさとか、食事の描写の良さは勿論のこと、ハルの研究内容と土地の経済活動との繋がりがしっかり描かれているのが良いんですよね。そして少しずつではありますが、ハルの不透明な未来に少しずつ光が射しつつあるのも、読んでいて嬉しくなりますね。

文字・オノマトペが実体を伴っている作品例

マンガ

1つ前の記事で、津田雅美さんの『ヒノコ』において「文字が実体として描かれている」ような例を出しました。


しかしながら、当然のことではありますが、こういった表現にも先例はあります。
という訳で、幾つか実例を挙げてみます。



(「別冊宝島EX マンガの描き方」131ページ。)


園山俊二さんの『ギャートルズ』ですね。*1
だだっ広い平野を舞台に、何ともカラッとした雰囲気で描かれる原始生活。ナンセンスギャグの名作として知られる作品ですね。
上の画像でも描かれるような叫び声が大きな特徴の1つでもある訳ですが、その叫び声が崩れ、ガラガラと落下してくるのをよけている女性の姿が描かれています。




藤子・F・不二雄藤子・F・不二雄大全集 ドラえもん』12巻398ページ。)


続けては『ドラえもん』から。
声が固まるひみつ道具コエカタマリン」を使い、声のかたまりに乗って移動しようとするのび太。自分の声には追いつけないので、ママの怒鳴り声に乗る場面です。



(同書12巻399ページ。)


その直後のコマ。空を飛ぶ「ノビタ」の文字が実にシュールで良い。
やはり藤子先生は天才だと思います。



緑川ゆき夏目友人帳』1巻38ページ。)


比較的近作から。『夏目友人帳』になります。
夏目が妖怪に、「友人帳」に記載された名前を返す場面ですね。紙に記された名前が浮かび上がり、妖怪の許へ戻る様子が、文字が流れるような表現が、読んでいて非常に心地良いのですよね。




荒木飛呂彦ジョジョの奇妙な冒険』31巻78ページ。)


やはりこれを挙げない訳にはいきますまい。
『ジョジョ』第4部、広瀬康一スタンド「エコーズ Act.1」の、音を操る能力。
ほんらいは存在しない、形はない筈の「音」(そしてそれを表現手段であるオノマトペ)を目に視えるものとして表現した例です。天才ですな。



と、簡単ではありますがこのくらいで。
他にも例はあるかと思いますので、それを探してみるのも愉しいかもしれませんね。

*1:単行本も持っているのですが、どこにあるのか探し出せなかったので、「マンガの描き方」からの転載という形を取らせて戴きました。